たったこれだけで「やせ体質」へ!
自律神経を整える生活習慣【朝編】

 

生活習慣を整えるだけけで痩せる!?
綺麗な体づくりへ!

 

□昼夜逆転の生活をする日がある
□ストレスが溜まっている
□体温(平熱)が低い
□朝食が食べれない
□睡眠が浅い

これらが気になる場合は、自律神経が乱れている可能性あります。

自律神経を活性化することで、太りにくくやせやすい体質へと整えやすくなるのです!

今回は、自律神経のはたらきを呼び覚まし、代謝を高める生活習慣をご紹介します。

 

自律神経を整える「朝活」

 

①目が覚めたら、布団の中で「伸び」をする

朝起きたら、体内を活動モードに切り替えるのが自律神経の役割なのです。
目覚めた際に伸びをし、活動時間になったことを体内に知らせましょう。

 

②窓を開けて日光を浴びる

日光を浴びることも、体内が朝になったことを感知させる。
目覚めもよくなりますから、ぜひ毎朝部屋の電気ではなく日光を浴びるようにしましょう。

 

③新鮮な空気で、深呼吸する

窓を開けて日光を浴びたら、そのまま深呼吸。
酸素が全身に行き渡り、活動がスムーズになります。

 

④朝食を食べる

朝食は午前の代謝を支える重要なエネルギー補給。
忙しい方が多い思いますが、なるべくゆったりとできる時間をつくり、よく噛んで食べましょう。

 

毎朝の一工夫で、体内のはたらきがスムーズになります。
自律神経を整えて、この機会に美ボディを目指してみてください。

RANKING

PICK UP